2007年01月09日

浜中町散布(ちりっぷ)産えぞばふんうに粒ウニ(一夜漬け)





ここ、釧路管内の浜中町散布で水揚げされるえぞばふんウニは
現在、市場に出回っている通年獲れる「うに」とは違い、
夏から秋にかけて、「ねこあし昆布」という甘みの強い昆布を食べ成長し、
濃厚でコクのある「えぞばふんうに」へと育つそう。
そのため、あえて漁期を極寒の冬である11月〜3月と限定しているそうです。
「夏の間、美味しい昆布を食べ、冬、マイナス15度の極寒の世界で
海に潜って、一つ一つ手で獲るえぞばふんうに。」

へたに薬に漬けた(形が崩れないようにたいていの生ウニは薬につけてあります)生ウニよりも、この粒ウニが美味しいのです。
ご飯のはかいきます。(“ご飯がすすむ”の北海道弁)



↓詳しくはこちらをクリック!!
浜中町散布(ちりっぷ)産
えぞばふんうにの粒ウニ(一夜漬け)
60g2本入(ギフトボックス入/急速冷凍)
posted by どさんこ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚介類>ウニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31138651

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。